簡単胃下垂改善法(骨盤運動編)


ガリガリ痩せ型女子が効率よくバストアップするには、まず胃下垂体質を改善する事が近道です。

 

なぜなら、胃下垂は栄養が体内にうまく吸収されず、当然バストアップに必要な乳腺にも届くことはないからです。

 

実は、胃下垂体質は日々のちょっとした努力で改善します。

 

今回は、実際に私が体験して効果があり、かつ簡単で続けられる胃下垂改善法を紹介します。

 

簡単に実践できる胃下垂改善法

私が試してみて実際に効果があった方法は、「骨盤のゆがみを直すこと」と「猫背を直して美しい姿勢を心がける」という2点です。

 

1.骨盤のゆがみを直す

胃下垂の直すのに最も重要なことは、骨盤のゆがみを直すことです。

 

骨盤がゆがんだり、開いていると胃や内臓がずり落ちてしまい、せっかく姿勢を正したり、腹筋を鍛えても、胃を正常の位置に戻すことが難しいのです。

 

また、骨盤の血液循環がうまくいかず、体がむくんだり、下半身太りなどの原因にもなります。

 

骨盤の位置を正常に戻せば、胃が正常の位置に戻るだけでなく、今まで血行の悪さから引き起こされていた、便秘、冷え性、むくみなども解消され、代謝のよい体になることができます。

 

骨盤のゆがみを直す方法は、いろいろあります。

 

私が無理なく毎日続けられた骨盤運動をご紹介します。

 

お尻歩き

①ひざを伸ばしてL字に座り、骨盤が立っているか意識する

 

②右の骨盤を前に出し、今度は左の骨盤を前に出し、前に進む。

 

10歩進んだら、今度は同じ要領で後ろに下がる。このとき骨盤を大きく使って歩くのを意識する。

 

これを毎日朝晩3セット行います。

 

毎日続けた結果、姿勢がよくなり、下半身周りがほっそりしてきました。

 

お尻歩きはとても簡単で、TVを見ながら気軽にできるのでとてもおすすめです。

 

 

骨盤矯正ベルトを使ってさらに効果アップ

骨盤矯正ベルトを使えば、つけるだけで勝手に骨盤を正しい位置に戻してくれます。

 

特におすすめなのが「骨盤ウォーカーベルト」です。

 

TVや雑誌にも度々掲載された人気の商品で、これをつけるだけでウエストサイズ、ヒップサイズがダウンするという、脅威のダイエット効果が話題となりました。

 

私も骨盤矯正目的でこちらの商品を利用しているのですが、つけた瞬間に「骨盤が正しく立っている」のが実感でき、背筋が勝手に伸びます。

 

今まで上半身には肉がつかず、お腹やお尻に肉がつくことが悩みだったのですが、骨盤ウォーカーベルトを使い始めてから、その悩みがなくなり、ヒップサイズがダウンしました。

 

また、私の場合お通じもよくなったので、胃下垂対策としては優秀なアイテムだと思います。

 

(あくまでも個人の感想です)

 

 

2.猫背を直して美しい姿勢を意識する

胃下垂の人は、猫背の人が多いです。腹筋が少ない人は猫背になりやすいですが、猫背に慣れてしまうとさらに腹筋を使うことがなくなり胃下垂を助長させてしまうのです。

 

さらに猫背になると重力によりバストの位置がどんどん下がってきてしまいますし、首や肩も凝りやすくなるなど、まったく良いことはありません。

 

猫背を直して、常に背筋にものさしが入っているかのように、ピンとした姿勢を意識して生活してみましょう。

 

最初は慣れずキツく感じますが、だんだんそれが当たり前となり、自然に美しい姿勢がキープできるようになります。つまりそれは同時に腹筋がついたことを意味しています。

 

胃下垂の原因は、胃を支える腹筋が少ないことですが、美しい姿勢をキープすることで自然に下腹に力が入り腹筋を鍛えていることになるのです。

 

筋トレなどはキツくて続けられないけど、これなら無理なく続けられますよね。

 

何より、背筋がピンと伸びた女性は美しいです。そして今まで下を向いて歩いていたのが、姿勢を正すことで目線も上向きになり、気持ちまで明るくなることができます。

 

女性を磨くためにも、最初はすこしずつでいいので、「背筋ピン」を取り入れてみましょう。

 



The following two tabs change content below.
管理栄養士/美月

管理栄養士/美月

身長165センチ。長身痩せ型体形だが数々の失敗も経験しながらA→Cの2カップUPに成功。豆乳2年毎日飲み続けて効果なかったのはさすがに凹んだ。

最近の投稿
カテゴリー