女性ホルモンを増やす食べ物、減らす食べ物


女性ホルモンは、バストアップ、くびれたウエストなど、色気のある魅力的な身体を作ってくれるとっても大事なホルモンです。

 

この女性ホルモンが食事によって増える?そして減らす食べ物があることをご存知でしょうか?

 

女性ホルモン「エストロゲン」を増やす食べ物

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをもつことから、バストアップなどの効果が期待できるといわれています。納豆、豆腐、豆乳。味噌などの大豆製品に含まれます。

 

気をつけなければならないのは、大豆イソフラボンは過剰摂取すると、ホルモンバランスがくずれ、食欲不振、倦怠感などの副作用が出てしまうこと。

 

摂取量の目安は1日40~50mg、閉経後は70~75mgとなっています。

 

豆腐:30mg(1/2丁)
納豆:40mg(1パック)
豆乳:50mg(200ml)

 

また、ビタミンB6が豊富に含まれる、キャベツやバナナもエストロゲンの分泌を増やすといわれています。

 

 

女性ホルモンを減らす食べ物

逆に、エストロゲンを減らす食べ物として、ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜や、きのこ、柑橘類と言われています。どれも栄養のある食材ではありますが、女性ホルモンを減らさないという意味でも食べすぎには注意しましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
管理栄養士/美月

管理栄養士/美月

身長165センチ。長身痩せ型体形だが数々の失敗も経験しながらA→Cの2カップUPに成功。豆乳2年毎日飲み続けて効果なかったのはさすがに凹んだ。

最近の投稿
カテゴリー