これ「だけ」バストアップは間違い!効果的な併用方法とは?

2016年4月5日 at 5:00 PM

よく目にするのが

「〇〇だけでバストアップ!!」

「〇〇だけ飲んでおけばOK!!」

などの宣伝…。

ただ、〇〇ダイエットのような一点集中の方法でなかなか結果が出ないのと同様に、バストアップもこれ「だけ」では早い結果を望めません。

飲む「だけ」サプリは間違い!

サプリを飲んでいれば誰でも簡単にバストアップできるのは、ちょっと間違い。

サプリのいいところは普段の食事で摂取しにくい栄養素を手軽に摂れることなので、この栄養面と運動・マッサージをうまく併用することで格段に効果がアップします。

これ「だけ」マッサージは間違い!

上のサプリと同様に、マッサージだけでは効果が薄いんです。

これに必要な栄養素が加わることで、バストアップしやすいカラダの土台が整うので、カラダの中からのアプローチと外からのアプローチを行うように心がけましょう。

寝る「だけ」ナイトブラは間違い!

寝ている間のバストケアはとっても大切。

普段から気を遣っているバストが寝ている間につぶれてしまわないように、夜専用のブラジャーでしっかり保護します。

ただ、これはあくまで保護目的であって、根本からバストアップを促すものではありません。

それぞれのいいところを取り入れながら、上手く併用する技を身につけておくことが一番の近道です♡

バストアップに効果的な時間・季節・時期ってある?

2016年4月5日 at 3:31 PM

バストアップ活動は年中したいものですが、効果がでやすい時期ってあるのでしょうか?

せっかく努力するなら、暗中模索でするよりも、一番効率のいい方法を取りたいですもんね(^^)

私自身もも自分の美乳活動のために知っておきたかったので、調べてみました。

バストアップに効果的な時間は?

バストアップだけに関わることではありませんが、成長ホルモンの分泌をしっかり促すことは大切なポイント。

いわゆるゴールデンタイムを呼ばれている22時〜2時はしっかりと睡眠を取っておくことが望ましいです。

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、バストアップ以外にも美肌、代謝アップの相乗効果も期待できます。

バストアップに効果的な季節は?

バストアップの大敵は「冷え」です。

体が冷えていると、全身の血流やリンパの流れが悪く、老廃物をためてしまったり、必要な栄養素を運びにくい環境になってしまいます。

そういった意味では、寒い冬や冷房の影響がある夏よりも、春や秋の季節の方がバストアップ効果が出やすいと言われています。

とは言え、年中「冷え」への対策は必要。

“冷えは万病のもと”と言われるくらいですので、体を冷やさないように普段から工夫しておくといいですね。

バストアップに効果的な時期は?

排卵日の前後5日間は女性ホルモンの分泌が活発になる時期です。

この時期をねらって、エステやマッサージを利用するのはありかもしれませんね♡

豊胸手術の前に無料でできるバストアップ方法!

2016年3月24日 at 6:00 PM

高額だけど確実にバストアップできる方法はただ一つ。

豊胸手術です!!!

しかし…。
とても高額な上に、痛みがあったり、綺麗な胸を手に入れるまでに何度も診察をしなければいけなかったり、かなり道のりは険しい…。

もちろん確実にバストアップできるわけですから、多少のお金や痛みなんて我慢すればいいのですが、せっかくなら無料でできることから試してみるのもいいかもしれません。

①猫背を改善する

姿勢の改善がおっぱいの見た目に大きな影響を与えることを知っていますか?

猫背姿勢を続けていると、途端に「垂れ乳」に見えちゃいます!!

普段からいい姿勢を意識しておくだけで、胸のハリが戻ったような見た目に変わります。

ぜひ試してみましょう。

②バストアップを意識した食生活

バストは乳腺と脂肪から成り立っています。

この乳腺が大切なポイントで、これをしっかり育てることで効率良くバストアップにつなげることができます♪

なるべく全体に脂肪をつけず、綺麗なボディラインを維持しながらバストを育てるためにはどんな食事が効果的か!?

◯関連記事
胸を大きくする食べ物って?

どうしても普段の食事から摂取がむずかしい成分は、サプリメントにたよってみるのもいいですね(^^)

③バストアップマッサージ

食生活やサプリメントとの併用で効果的なのが、バストアップマッサージです。

乳腺に適度な刺激を与えることで、発達を促します。

もちろんネットなどの情報で無料で実践するのもOK。

管理人のオススメは、バストアップ専用のDVDです!

実際の動きが見られるので、正しい方法を再現しやすいメリットがあります♡

猫背が垂れ乳の原因に!姿勢改善で簡単バストアップ!

2016年3月24日 at 5:46 PM

“バストアップ”と言えば、どうしても胸ばかりにフォーカスしてしまいがちですが、実は姿勢も関わっているんです!!

皆さんは、普段自分の姿勢を意識していますか??

最近よく目にするのが、「猫背垂れ乳」さん。

猫背垂れ乳ってなに?

猫背姿勢は、肩が内側に巻き込まれ、背中が丸くなっている状態。

ただでさえ見栄えの悪い姿勢ですが、垂れ乳に見えてしまう大きな原因の一つなんです!!

できる方は鏡で姿勢を確認してみましょう。

鏡の正面に座り、わざと猫背の姿勢をとってみます。

すると、胸の位置がグッと下がりますよね。
これがいわゆる「猫背垂れ乳」です。

今度は、骨盤を立てて胸を開いてみましょう。

するとどうでしょう。
胸の位置がスッキリと上がって、何もしていないのにバストアップ!!

意外と盲点なんですが、この”姿勢”が胸に及ぼす影響ってかなり大きいんです。

猫背改善を習慣に!

猫背改善ができるだけで、つまり無料でバストアップできる方法を伝授します♪

猫背改善のポイントはこちら!

①座っている時に骨盤をしっかり立てる
②胸を開く(肩を開く)
③鏡やガラスで自分の立ち姿(座り姿)を常にチェック
④耳・肩・股関節の位置がまっすぐ一直線になるように意識する

いつでもできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね♪

バストアップに良い寝相、悪い寝相は?寝相で差がつく育乳!

2016年3月23日 at 5:38 PM

皆さんは普段、どんな寝方をしていますか??

人は1日6〜8時間程度寝ます。
つまり、1日の1/4〜1/3は寝ているわけですよね。

この長い時間、どんな姿勢で寝ているかによって、育乳に差がつきます!!

さぁ、早速チェックしてみましょう♪

◯バストアップに悪い寝相は?

ダントツに悪い寝相は「うつ伏せ」です。

うつ伏せは自分の体重と重力がずっしり胸にかかるので、せっかく大切に育てている胸がつぶれてしまう原因に。

乳房の9割は柔らかい脂肪組織で構成されているため、このような大きな力にとても弱いので気を付けましょう!!!

次に悪い寝相は「横向き」です。

胸は重量の影響で下に引っ張られるので、横向きになると胸全体が横に流れて形が崩れてしまう原因になります。

また、この状態がずっと続くとクーパー靭帯が伸びたり切れたりする危険性があるので、ナイトブラでしっかりサポートしておく必要があります。

◯バストアップに良い寝相は?

ずばり「仰向け」が良い寝相です。

一番重力の影響を受けにくく、圧迫もないので、正常な血流やリンパの流れを維持できます。

ただ、胸の大きさによっては横に流れやすくなり、離れ乳の原因になるため、ブラでサポートするとよりGoodです。

まとめ

バストアップに良い寝相、悪い寝相にかんしてはよく分かりましたが、私たちは無意識に寝返りしているので、自分でコントロールするのはなかなか難しいですよね。

なので、どの方向に向いてもきちんとサポートしてくれるナイトブラが必須なんです!!

実は世の女性の10%程度しか使用していないナイトブラ。

他の女子に差をつける必須美容アイテムとなりそうです♡

クーパー靭帯が切れる4つの原因

2016年3月22日 at 4:48 PM

バストを高い位置に保ってくれるクーパー靭帯。

この靭帯は、いわばバストの命綱とも言える存在!
胸が足れてしまわないように、ケーブルのように引っ張ってくれている、非常に大切な靭帯です。

しかし、非常にデリケートなので簡単に切れてしまう可能性大!!

しかも一度切れてしまうと元通りに治らないので、何が何でもクーパー靭帯を守ってあげましょう。

そこで、クーパー靭帯が切れる原因を調べてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

◯激しい運動のしすぎ

胸が大きく上下に揺れるような激しい運動を続けていると、その強い刺激がクーパー靭帯に伝わり、やがてそのケーブルが切れてしまいます。

スポーツブラでしっかり固定して、必要以上に揺れないようにサポートしておきましょう。

◯授乳によるもの

赤ちゃんに母乳をあげる時期の女性のおっぱいは、大忙し!!

母乳をあげる前に胸が張り、あげてしまえばしぼむ。
この張ったり萎んだりを何度もくり返しているうちに、クーパー靭帯に負担がかかってしまうことがあります。

◯日常生活のブラ事情

ついつい楽だからと、ノーブラでうろうろしたり、カップ付きのキャミソールだけで済ませていませんか?

このちょっとした日常の手抜きが「垂れ乳」の原因になることも!!
毎日をブラ事情を、今一度見直してみましょう。

◯強すぎるマッサージ

早く胸が大きくなってほしい!と、気合いを入れてマッサージすると、かえってクーパー靭帯を傷つけてしまう原因になりかねません。

正しいマッサージ方法を身につけましょう。

バストの構造と仕組み|クーパー靭帯を守るべし!

2016年3月22日 at 4:14 PM

bust
バストを透かしてみると、上の図のようになります。

女性のバストで大切な組織は、

・大胸筋
・乳腺
・クーパー靭帯
・乳房内の脂肪組織

です。

その一つ一つを簡単に解説していきましょう。

大胸筋

バストの土台となる部分の筋肉です。
この大胸筋が衰えてハリがなくなると、バストの土台そのものが下がるため、胸が足れてしまう原因となります。

逆に、適度に鍛えられた大胸筋は胸を高い位置に保ち、上向きのツンとしたバストを維持してくれます。

ただ、過剰に鍛えすぎると、脂肪燃焼作用により硬い胸になってしまう危険性も!
女性らしいぷるぷるな胸を目指すには、「適度」な弾力がポイントとなります♪

乳腺

乳腺は赤ちゃんに母乳をあげるための通り道となる場所。

女性ホルモンの影響を受けやすいため、妊娠した女性は「おっぱいが大きくなった〜!」という方が多いですよね。

この乳腺をいかに育てるかがバストアップのポイントとなります。
乳腺の周りにはたくさんの脂肪がついているため、乳腺が大きくなると、必然的に脂肪が外に押し出されて大きく見えるのです♪

クーパー靭帯

乳腺を皮膚・筋肉とつなげてくれている繊維組織の束です。

これがツンと上向きオッパイの要なのです!!!

いわば、胸の命綱とも言えるクーパー靭帯は、絶対に守っておく必要があります。

なぜなら…。
通常の靭帯と同様で、一度切れてしまうと再生しないからです。

詳しいクーパー靭帯の守り方は、別のページで解説いたします(^^)

乳房内の脂肪組織

女性のオッパイの中は、ほぼ9割が脂肪組織です。

そのため、柔らかさを保っているわけですが、柔らかいがゆえに流れやすいデメリットがあります。

間違ったサイズのブラや、間違った装着方法を続けていると、この脂肪組織がワキや背中に流れてしまう原因にも!
正しいブラジャーを選んで、バストアップの基礎を築きましょう。

バストアップに効果的な5つの方法|貧乳女子必見!

2016年3月18日 at 5:57 PM

貧乳女子にとって、バストアップできるかどうかは死活問題です!!

憧れの、女性らしい谷間を目指して、日々努力しているわけですが、どの方法がいいのかも知っておきたい。

そこで、バストアップに効果的な方法をまとめてみました。

①豊胸手術

確実に即効で豊胸できる方法は、ズバリ手術!
今や、豊胸専門の美容外科があるくらい、ぞの需要は年々伸びているようです。

もちろん保険がきかないので高額ですが、その代わり確実に豊胸が叶います。

②バストアップ体操・マッサージ

高額なお金をかけずに手軽にできるのが、体操やマッサージ。
日々の習慣にしている貧乳女子も多いのではないでしょうか?

テレビや雑誌で話題のおっぱい体操なども、このサイトで詳しく紹介していきます。

③バストアップサプリメント

カラダの内側からアプローチする方法として、バストアップサプリも人気です。
最近のサプリメントは優秀で、バストアップ効果とダイエット効果を合わせたアイテムも沢山!

普段の食生活からなかなか摂取できない成分は、手軽なサプリメントで補いましょう。

④バストアップクリーム・ジェル

マッサージの時に必須なのが、バストアップクリームやジェルです。

お肌に負担をかけずにマッサージできるここと、外側からバストアップ成分を塗布できるメリットがあります。

バストアップ体操やマッサージと併用することで、相乗効果を発揮します!!

⑤バストアップブラジャー

胸を大きくするためには、正しいブラ選びも大切。

もしかしたら、毎日着用しているブラのせいで、バストアップを妨げているかも!!

正しい知識を持って、ブラジャー選びも慎重に。