エストロゲンとプロゲステロンの違いとは!?バストアップとの関係性

2016年4月5日 at 3:28 PM

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

この2つのホルモンが、バストアップにどう関係するのかご存知ですか?

女性らしい身体をつくるのも、若々しさを保つためにも、この2つのホルモンがとても重要なのです。

分泌周期

エストロゲンとプロゲステロンは、両方ずっと分泌されているわけではなく、私たちの生理周期によって交互に分泌されているんです。

エストロゲンは、生理が終わってから排卵日前まで分泌され、排卵を促す作用があります。
プロゲステロンは、エストロゲンが減少した排卵後から分泌し始め、受精卵が子宮内に着床しやすくする作用があります。

バストアップ作用・効果

エストロゲンは、ふっくらしたバスト、くびれのあるウエスト、はり・つやのある肌、ふさふさの髪など女性らしく、若々しい身体を作ります。また、善玉コレステロールを増加させ、血管を広げ血流を良くするなど、生活習慣病を防ぎます。エストロゲンが多く分泌されている時期が、女性が一番美しくいられると言われています。

プロゲステロンは、体内に水分を溜め込む作用があるので、食欲を低下したり、手足がむくみやすくなります。また人によっては、生理前にイライラしたり、肌荒れが起こったりと身体に不調を感じることが多いです。

このプロゲステロンには、乳腺を発達させる作用があります。乳腺が発達すれば、それを守るために周りの脂肪がつき、バストアップにつながるのです。

つまり、胸を大きくするには、エストロゲン、プロゲステロン両方がバランスよく分泌されている必要があります。

しかし、残念ながら、女性ホルモンは加齢とともに減少していきます。20歳で分泌のピークを向かえ、30歳前後で減少し始め、40歳を過ぎると急激に減少します。

特にエストロゲンが減少することにより、肌のはり・つやがなくなったり、髪が薄くなる、太りやすくなるなど、女性らしさがどんどんなくなります。更年期症状が現れるのもエストロゲンの減少が原因です。

でも、女性ならいつまでも若々しく魅力的でいたいですよね。

そこで、女性ホルモンを外から補給するサプリは大変有効です。

プエラリアはエストロゲンを活性化する作用があり、プラセンタはホルモン調整作用があり、エストロゲンとプロゲステロンをバランスよく分泌してくれます。

胸を大きくするホルモン エストロゲンとは?

2016年4月5日 at 2:47 PM

胸が大きくなりたい!ハリのあるバストを保ちたい!!

そう願うなら、女性ホルモンの1つ、エストロゲンを増やすことが何より大事です。

エストロゲンとは、卵巣から分泌される女性ホルモンで、ハリのあるふっくらしたバスト、くびれ、ツヤのある肌、ふさふさの美髪など、女性らしい身体を作ります。

別名『美人ホルモン』と呼ばれ、エストロゲンが分泌されているときが、もっとも女性が美しくなると言われています。

エストロゲンは、生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌され、排卵が終わると減少します。排卵日前に一番多く分泌されるので、この頃に肌の調子がいいのは、エストロゲンのおかげなんですね。

女性らしさ、若々しさを保つエストロゲンですが、残念ながら加齢とともに減少していきます。20歳で分泌はピークを迎えますが、30歳前後から減少し始め、40歳を過ぎると急激に低下します。

エストロゲンが減ると、胸が垂れ萎む、肌の乾燥やしわ・たるみ、髪に潤いがなくなり薄くなる、くびれがなくなり腹周りに脂肪がつくなどの症状が現れ始め、イライラ・倦怠感など更年期症状にも悩まされます。

また、若いからといって安心してはいけません。急激なダイエット、強いストレス、栄養不足などが原因となり、エストロゲンの分泌が低下し、無月経、無排卵となることがあります。

バストアップをしたいなら、まず規則正しい食生活を心がけ、エストロゲンを正常に分泌させることを心がけましょう。

女性ホルモンを増やす5つの方法

2016年4月4日 at 8:42 PM

女性ホルモンとは、エストロゲンとプロゲステロンからなります。

特にこのエストロゲンは、ふくよかなバスト、くびれたウエストなど女性らしい魅力的な身体をつくる働きがあり、さらに、肌にハリ・ツヤを与えたり、ふさふさのキレイな髪を保つなど、若々しさを保つために必須のホルモンです。

しかし、残念ながら、エストロゲンの分泌は20歳をピークに加齢とともに減少し、40歳を過ぎたあたりから急激に下降し、やがて閉経をむかえほとんど分泌されなくなります。

また、若くても、急激なダイエット、強いストレスや栄養不足などが原因で分泌が減り、無月経や無排卵、不妊症などの深刻な問題にも繋がります。

いつまでも若々しく、女性らしい魅力的な身体を保つために、少しでも女性ホルモンを増やしたい!!

そこで、女性ホルモンを増やすための効果的な方法を5つ紹介します。

1.栄養バランスのとれた食事をとる

女性ホルモンを増やすためには、ムリなダイエットはNGです!

大事なのは、パンやご飯、お肉ばかりで野菜を摂ってないなど、栄養の偏りをなくし、3食バランスのよい食事をとること。

また、女性ホルモンの分泌を活性化させる成分として大豆イソフラボンが効果的といわれています。
豆乳、納豆、味噌などの大豆製品を日々の食事にとりいれるとよいでしょう。

2.十分な睡眠をとる

いくら栄養の摂れた食事を心がけても、生活が不規則だとホルモンバランスが崩れ台無しになってしまいます。

1番は規則正しい生活をすること。特に仕事が夜まで忙しい人は、いかに良質な睡眠をとることが重要です。

また、規則正しい生活リズムをつくるためにも、起床後カーテンを開けて日光を浴びるのがよいです。
休日はゆっくり寝たい気持ちはわかりますが、なるべく起床時間は変えないよう心がけましょう。

3.ストレスを溜めない

ストレスはホルモンバランスを崩す大きな原因となります。仕事の悩み、人間関係の悩みなど様々ありますが、ストレスにより、食事が喉を通らなかったり、夜眠れないなど、心の乱れは身体の様々な悪影響を与えます。

友達と話す、ショッピングをする、美味しいものを食べるなど、自分に合ったストレス解消法を見つけ、心を大事にしてあげましょう。

4.恋をする、男性と接する機会を作る

恋をすると女性ホルモンが増えるという説があります。本当か嘘か諸説ありますが、恋をすると女性は美しくなるというのは確かではないでしょうか?

これは「自分をよく見せたい」という自分を意識するところから始まります。「自分はもう歳だし」とか「人に会うこともないからオシャレしなくてもいっか」という気持ちでいると、どんどん女性ホルモンが減りいわゆる”オス化”状態に・・・。

何も恋をしなくてはならないわけではありません。素敵な男性に会うという事も刺激になります。常に「自分は見られている」という意識をもち、いつまでも女性を忘れずに過ごすことを心がけましょう。

5.マッサージをする

女性ホルモンは、加齢により血行や代謝が滞ることに、原因の根本があります。

つぼ押しマッサージやアロママッサージなどリンパの流れを良くしてあげることが効果的です。
これも日々の積み重ねが大事なので、ツボ押しなど簡単な方法もおすすめです。

以上、5つの方法をお伝えしましたが、仕事や育児が忙しいとなかなか生活を変えることは難しいですよね。

そこで、サプリメントで女性ホルモンを補う手もあります。
プエラリアという成分は大豆イソフラボンの数十倍の効果があるんです。

女性ホルモンを増やす食べ物、減らす食べ物

2016年4月4日 at 5:40 PM

女性ホルモンは、バストアップ、くびれたウエストなど、色気のある魅力的な身体を作ってくれるとっても大事なホルモンです。

この女性ホルモンが食事によって増える?そして減らす食べ物があることをご存知ですか?

女性ホルモン「エストロゲン」を増やす食べ物

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをもつことから、バストアップなどの効果が期待できるといわれています。納豆、豆腐、豆乳。味噌などの大豆製品に含まれます。

気をつけなければならないのは、大豆イソフラボンは過剰摂取すると、ホルモンバランスがくずれ、食欲不振、倦怠感などの副作用が出てしまうこと。

摂取量の目安は1日40~50mg、閉経後は70~75mgとなっています。
豆腐:30mg(1/2丁)
納豆:40mg(1パック)
豆乳:50mg(200ml)

また、ビタミンB6が豊富に含まれる、キャベツやバナナもエストロゲンの分泌を増やすといわれています。

女性ホルモンを減らす食べ物

逆に、エストロゲンを減らす食べ物として、ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜や、きのこ、柑橘類と言われています。どれも栄養のある食材ですが、食べすぎには注意しましょう。

バストアップと女性ホルモンの関係とは

2016年4月4日 at 3:50 PM

バストアップには、女性ホルモンが大きく関係しているのはご存知でしたか?

どんなにバストマッサージやエクササイズをしても、この女性ホルモンが十分分泌されなければ、うまく栄養が胸に届きません。

それどころか、肌荒れ、貧血、冷え性、生理不順などの原因にもなり、深刻になれば不妊症の可能性も出てきます。

今回は、女性の身体に重要な役割を果たす女性ホルモンについて、詳しく解説していきたいと思います。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンとは

エストロゲンは、生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌が高まり、逆に排卵が終わると減少し、月経や排卵を起こすホルモンです。

エストロゲンの作用

・バストにハリを与えふくよかにする、きれいな形を保つ
・コラーゲンの合成を促進し、肌のハリ・潤い・色の白さを保つ
・髪の毛をふさふさにする、美髪を保つ
・くびれたウエストをつくる
・善玉コレステロールを増やす
・血行を促進し、新陳代謝を上げる

エストロゲンは、ふくよかなバスト、くびれたウエストなど女性らしい身体をつくるために必須です。

しかし、20歳をピークにその分泌は少しずつ減少し、40歳半ば頃から急激に下降、その後閉経を迎えると、ほとんど分泌されなくなります。

すると、バストが垂れ萎み、肌が乾燥したるみ、腹周りが太りやすくなるなどから始まり、イライラ、倦怠感などの更年期症状が現れてきます。

また若くても、急激なダイエットや強いストレス、激しい運動、栄養不足などが原因で、無月経や無排卵となります。

プロゲステロンとは

排卵後、エストロゲンの分泌が減少してから、生理前まで多く分泌されます。排卵を促し、子宮内に受精卵が着床しやすい環境を作り妊娠しやすくする作用があります。

プロゲステロンは、乳腺を発達させる作用があり、バストアップに大事な役割を果たします。
生理前に胸がはる感覚があるのは、プロゲステロンが影響していると言われています。

また、体内に水分を溜め込む作用があり、食欲が低下したり、むくみやすくなる、イライラを引き起こすなどがあります。