胃下垂改善に効く方法とは?お尻歩き?それとも・・・

2016年8月22日 at 6:09 PM

太りたいのに太れない・・・

食べてもバストではなく下腹やヒップばかりに脂肪がつく・・・

鍛えようとしても筋肉もつかない・・・

 

そんなガリガリ貧乳体型でお悩みのあなた!

今まで何をしても効果が表れなかったのは、『胃下垂体質』が原因かも・・・

しかし、体質だからとあきらめるのはまだ早いですよ。

胃下垂は必ず改善できます!!

今回は、上半身ガリガリ貧乳だった管理人が実際に試して、お腹ポッコリを解消しAカップからCカップにバストアップした方法をあなただけにお伝えしちゃいます。

※ちなみに管理人は、運動が苦手で何をやっても飽きっぽいぐうたら人間でした(笑)
こんな人間が変われたのだからあなたができないわけがありません^^

 

 

まずは骨盤の歪みを改善する!

そもそも胃下垂とは、胃腸を支える筋肉や脂肪が衰え、胃腸が正常の位置より下がっている状態のことですが、胃腸が下がる原因の根本は、筋肉がなく姿勢が悪いため骨盤がゆがみ開ききっているため、胃腸が下がりやすいことにあるのです。

つまり胃下垂を改善するには、骨盤の歪み・開きを改善し、筋肉をつけ、胃腸を正常の位置に戻すことです。

そこでおすすめなのが『お尻歩き』です。

腹筋などの筋トレはキツくて続かないのがオチなのですが、唯一続いたのが、このお尻歩き!
とっても簡単なんですが、これが見た目以上に効くんです^^

 

①お尻歩き

【方法】

1.床の上に膝を伸ばして座る。この時骨盤が立っているのを意識する。

2.右の骨盤を前に出し、次に左の骨盤を前に、交互に繰り返し歩く。

毎日往復5回行う。



H.Phttp://kenkoubi.v333.ch/ ブログhttp://ameblo.jp/happylifepilates/

骨盤周りの可動がよくないと腰痛を引き起こす場合があるようなので、初めのうちは無理のない程度にしましょう。

慣れないうちは意外とキツくて、腹筋にも効いてるな~と実感。2週間くらい続けるうちに運動自体が楽になり、部屋の端から端まで10往復くらいラクチンになりました♪

そのころからか、な~んとなくお腹周りもすっきりしてきたんです。ぜひおすすめですよ!

 

 

②骨盤ベルト

骨盤矯正には、普段から姿勢を良くし骨盤を正しい位置にキープすることが必要。

そのためには・・・

・猫背にならないよう背筋を伸ばす
・脚を組まない
・立った時片足に重心を置かない
・座ったとき左右の膝、くるぶしをくっつける

などなど、とにかくだら~とした姿勢はNG!!
でもこれが慣れないうちはキツいんですよねぇ。

そもそも、正しい骨盤の位置ってどこなの!今骨盤は立ってる状態なの!!

それさえもわからない。

そこで、骨盤矯正の必需アイテムとなるのが、『骨盤ウォーカーベルト』です。

実は、骨盤のゆがみに悩んでいた管理人は、ガードルやら他社の骨盤ベルトやらいろいろ試したんですが、この骨盤ウォーカーベルトが、1番良かったです。

何が良いって、つけた瞬間に「骨盤が正しく立ってる」ってわかるんです!
背筋も勝手に伸びます!逆にダラ~ンとできません(笑)

お腹とお尻の脂肪も、外での骨盤ベルトと家でのお尻歩きで、1ヶ月後にはけっこう落ちたと思います。
その証拠にいつも履いてたジーンズがゆるくなってました^^

 

いかがですか?簡単でしょ?
うそと思ったらまずは1ヶ月試してみてください^^
きっと体が変わりますよ♪