女性ホルモンを増やす入浴剤とは?アロマの驚くべき効果

2016年5月2日 at 11:58 AM

あなたはきちんと湯船につかっていますか?

バストアップを目指すのなら、お風呂をシャワーだけで済まさず、きちんとお風呂に入る習慣をつけましょう。

バストアップを妨げる大きな原因は”冷え”です。
シャワーだけではとうしても体が温まりきらず、血行が悪いため、全身に栄養が行き届かず、女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

きちんと入浴すれば、血行・新陳代謝が促進される、リラックスできる、さらに質のよい眠りに繋がるため、女性ホルモンを分泌しやすい体にしてくれるのです。

入浴で、さらにバストアップ効果を高めるには

入浴剤として、女性ホルモンの分泌を促すアロマオイルを使えば、よりバストアップ効果を期待できますよ。さらに、リラックス効果、美肌効果も期待できるので、おすすめです。

 

バストアップに効果的なアロマ

■ネロリ

上品で優しい香りです。成分であるネロリドールは女性ホルモンと似た作用があり、胸を大きくする以外にも月経前症候群(PMS)など改善にも効果が期待できます。

■クラリセージ

気分をリラックスさせるスパイシーな香りが特徴です。女性ホルモンのバランスを整え、生理痛や月経前症候群(PMS)などの改善する効果も期待できます。

■ゼラニウム

甘くて爽やかな香りです。女性ホルモンや肌のバランスを整える働きがあります。

■イランイラン

エキゾチックな濃厚で甘い香りが特徴です。官能的な気分を高め、女性ホルモンの分泌を促進する効果が期待できます。

■ファンネル

東洋的なスパイシーなかんじで少し甘い香りがします。成分であるトランスアネトールが女性ホルモンの働きを補います。

 

入浴時の注意点

お風呂の温度は「38度」以下で、少しぬるいと感じるくらいが適温です。
寒いからといって熱いお湯につかるのはNG!

交感神経が働いて眠れなくなったり、体の芯まで温まりきらずに湯冷めの原因となります。
また、体のたんぱく質を壊してしまう可能性があり、バストの弾力が低下してしまう恐れがあるのです。

 

入浴は、バストアップには大変重要な時間です。
アロマやバストアップマッサージなども加えて、より有効的に活用しましょう。

体の新陳代謝も上がり、体質改善にもつながっていきますよ。