バストアップサプリは生理中に飲んでも大丈夫?副作用を起こさないための正しい飲み方

2016年4月5日 at 4:58 PM

バストアップサプリは、バストアップに欠かせない女性ホルモンを増やしてくれる救世主!

しかし、同時に、その強力な効果ゆえに、副作用の懸念もされています。

そこで気になるのが、生理中にバストアップサプリを飲んでも問題ないのか・・・・

調べてみると、バストアップサプリは飲むべき時期と控えたほうがよい時期があることがわかりました!

バストアップサプリと副作用の関係を交え、安心して継続し効果が出せる方法をご紹介します。

●バストアップサプリは生理前1週間前~生理中は避ける

女性の身体は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期というサイクルを繰り返しています。
ここで、飲むのを避けるべき時期は、黄体期~月経期にかけてです。

黄体期とは、生理の1週間前(排卵後)~生理が始まるまで時期をいいます。
体の調子が悪くなり、イライラしやすい時期であり、心と体両方の調子が不安定となります。

この時期に、バストアップサプリのような女性ホルモン様の成分をとると、ホルモンバランスが崩れからだの不調を起こしやすくなるのです。
この症状は月経期にも続き、ホルモンの分泌異常を引き起こす可能性があります。

よって、生理前1週間前~生理中は飲むのを避けるか、飲むとしても通常より少ない量で体の調子を見ることが重要です。

バストアップサプリの副作用とは、ホルモンバランスの崩れにより、生理不順、倦怠感、頭痛などがありますが、
その主な原因は、1日摂取量を超えた過剰摂取、生理中や体調の悪いときに飲むなどが原因だそうです。

用法・容量を守り、自分の体調を見ながら飲めば、副作用の心配なく安心して続けられるということですね。